ドイツ - 強い農業国 

ドイツは農業国です:国の80%以上が、農地、あるいは森林です。ドイツは農作物と食品業界の主な輸出国でもあり、500億ユーロ以上の輸出があります。最も重要な日用品には、肉と肉製品が含まれています。

肉製品の生産において、農業、研究所、研修施設、コンサルティング会社、そして肉のマーケティングに関係のaあるすべての業界が、ともに密接に働いています。科学的な調査結果と販売市場から得られる必要条件が、効果的な繁殖、肥育、畜産のプロセスに生かされています。その優れた最新のノウハウを、ドイツの畜産農民は利用することができます。

ドイツ:EU内最大の豚肉の産地

ドイツには長い、豚肉生産の伝統があります。 生産方法および構造は高標準で、動物の遺伝学、動物の健康管理、生産技術と衛生管理は、常に発展しています。

2017年に500万トン以上の豚肉を生産しているドイツトは、EU最大の豚肉の生産地です。 その生産量は、中国とアメリカに次いで世界三番目です。ドイツの豚の畜産においては、国内の豚の数の半分が国の北西側に集中しています。

ドイツにおける豚飼育の特徴は、かなりの種類の豚を飼育しているということです。 ドイツのLandrace種とPietrains種を交配させることによって得られた高品質の種や、多数の伝統的な種類のブタ、例えば Schwäbisch Hall Domestic Pigや、Bentheim Black Pied、またAngeln Saddlebackなどがいます。全ての種は非常に健康で、高品質の肉を生み出します。 豚畜産農家の数は減っていますが、専門業者は増加し続けています。 今日、約24,000の畜産農家が、2800万匹の豚を飼育しています。すべての豚の60%は、1,000匹以上の動物と共に農場で育てられます。豚生産 における安定した生産性の向上は記録的なものです。2000年の1500万と比べて、去年はおよそ5800万匹の豚が解体されました。

ドイツ:強い牛肉生産

2017年、ドイツは143,600の牛農場に約1,200万頭の家畜を持ち、ヨーロッパで2番目に大きな40種以上の肉製品の生産国でした。牛の 種類の多様性は、南側のバイエルンのアルプス山脈から北海とバルト海の海岸まで広がり、それぞれの地域の気候と食べる餌の違いを反映しています。ドイツの 牛畜産は、牛肉と乳牛、またその二つの目的を満たす種類に分類されます。赤い点のあるハイランド牛と、ブラウン・マウンテン牛は南ドイツに、ドイツ・ホル スタイン(ブラック・パイド・ローランド牛と、レッド&ホワイト・ホルスタイン)は北部に分散しています。

一般的な農業に合わせて、ドイツにおける牛の数は、大規模畜産ビジネスに従って発展しています。今日、牛の60%以上が100以上の動物の群れで飼われています。

牛と牛肉生産は、ドイツの専門ビジネスです。同国には畜産の前提となる養殖と授精、解体から、パフォーマンスと品質管理までの加工というすべてのサ プライチェーンに適用される、非常に高い標準があります。350万頭の牛に合わせて64,500もの農業ビジネスが、牛乳と牛肉のパフォーマンステストの 対象です。そのテストは、1日ごとの重量増加、解体した重量、カッティング、そして肉類の市場シェアなどを常にチェックします。育成のプロセスはそれに対 応した結果に直接関係があります。

トピックスとニュース

Keine Einträge vorhanden.